お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ベリタス、Linux対応製品を日本市場に投入

2003/03/14 15:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベリタスソフトウェアは3月14日、Linux対応の製品群を日本市場へ投入すると発表した。4月からストレージ管理製品などを順次発売し、拡大するLinux市場の需要に応えるという。

 「Linuxは信頼性や安定性が向上しTCO削減が可能になっているため、企業システムの主要サーバとしての採用が進んでいる。これにより、データ保護、ストレージ管理、高可用性、高拡張性といったことが必要不可欠なものになっている。Linux製品群の投入で、こうした新規市場全体の大きな問題を解消する」(同社)

 同社が予定するLinux対応製品は以下の通り。

  • VERITAS Foundation Suite:ストレージ管理(ファイル/ボリューム管理)。2003年4月11日に出荷開始。
  • VERITAS NetBackup:データ保護。2003年第2四半期にRed Hat Linux Advanced Server 2.1日本語環境に対応。
  • VERITAS Cluster Server:HAクラスタリング。2003年第2四半期に出荷開始。

 これらはすべて英語版製品となる。なお、第4四半期には、Oracle9i Real Application Clusters対応製品、SAN管理、レプリケーション製品など、トータルなエンタープライズソリューションを順次投入していく予定という。

ベリタスソフトウェアのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社