お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本オラクル、eラーニング学習管理システムのライセンス提供を開始

2003/03/14 10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクル(新宅正明社長)は3月13日、eラーニングを利用した教育や研 修を統合的に管理する学習管理システム「Oracle iLearning」のライセンス提 供を3月27日から開始することを発表した。価格は、1受講者当たり3750円(最 小契約数100受講者)。

 同社では、02年からASPモデルで「Oracle iLearning」を提供してきたが、 今回はその実績と企業のeラーニングに対する需要拡大に対応し、教育環境 の構築やeラーニングビジネスを展開する企業を対象に、同製品のライセンス 販売を行う。

 「Oracle iLearning」を導入することで、企業では、学習者の進捗度や理解 度、および学習コンテンツなどをシステム上で効率的に管理することが可能と なり、これによって、(1)時間や場所の制約を最小限に抑えた学習方法、(2)個 人ベースの教育プランの作成、(3)社員教育コストの軽減が実現できる。

 また、「Oracle E-Business Suite」の人事管理システムとのデータ連携に より、学習履歴や結果などの学習情報や、コンピテンシー、評価などの人事 情報と統合し、企業戦略に基づいた総合的な人材育成を支援していく。

 同社では、今回のライセンス提供開始にともない、eラーニングおよび人材 育成の分野において、協力パートナーを31社に増強するなどパートナーとの協 力体制を強化し、拡大が期待されるeラーニング市場のニーズに積極的に応え ていく方針。

 なお、同社では、「Oracle iLearning」によるeラーニング学習管理システ ムの導入手法、効果、活用方法などを紹介する無料セミナーを、3月18日に大 阪支社で、3月20日に名古屋支社で、3月25日に東京支社で開催する。

日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社