お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、PtoP型ソフトウェア開発キット発表

2003/02/27 16:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは米国時間2月26日、PtoP型ソフトウェア開発キットWindows XP Peer-to-Peer Software Development Kit(SDK)を発表した。現在、テスト版を配布している。

 Windows XP Peer-to-Peer SDKにより、ソフトウェアプロバイダや企業のデベロッパはPtoP型アプリケーションをWindows XP上に容易に組み込むことができる。

 ファイル交換サービスのKaZaAやNapsterなどですっかりお馴染みとなったPtoPアプリケーション。これを利用すると、デスクトップパソコンのユーザー同士が中央サーバを介することなく、直接情報を共有できる。

 同開発キットでは、Windows XPの基盤にあるデータ転送プロトコル、IPv6の強化を図った。これにより、企業のプログラマはファイアウォールを通過するPtoPアプリケーションや、モバイル装置向けのPtoPアプリケーションを開発することができる。

 またMicrosoftは、PtoPのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)をWindows XPに組み込む計画も明らかにした。PtoPネットワークに接続しているデバイスが、同ネットワーク上にある別のデバイスを自動的に検索し、互いにやり取りを行うことができるという。

 なお、Windows XP Peer-to-Peer SDKの最終版とWindowsXPのアップデートは、今年後半にリリースする予定。

 デスクトップ向けソフトウェアで強みを持つMicrosoftは、高性能パソコンとWindows OSを利用したPtoPアプリケーションの開発促進に興味を抱いている。2002年にはPtoPの新興企業XDegreesを買収し、Microsoftのストレージ製品にXDegreesの技術を利用する計画を明らかにした。Sun MicrosystemsもPtoPに取り組んでおり、オープンソース・プロジェクトのJxtaを通じて、分散アプリケーションに必要な基盤の開発を進めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社