お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2002年のSAN用スイッチ世界市場は15%増加

2003/02/25 15:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社の米Dell'Oro Groupの調査によれば、2002年のSAN用スイッチの世界売上高は9億5400万ドルで、前年と比べて15%増加した。同社によれば、2003年も成長が見込めるという。増収を牽引したのは、データ転送速度2Gビット/秒のファイバチャネル技術への移行だ。

 「2003年の売上高は前年比12%増の11億ドルに達すると予想する。2002年に比べると若干減速するが、他のネットワーク製品分野と比較すると、好調だといえるだろう」(Dell'Oroのシニアアナリスト、Paul Baranello)

 ストレージ業界は、従来のデータ転送速度1Gビット/秒から、新型の2Gビット/秒のファイバチャネル接続技術に完全に移行した。2Gビット/秒に対応したスイッチは、2002年第4四半期における売上高の95%以上を占めた。前年同期のその割合は20%に満たなかった。

 SAN用スイッチ市場のメーカーの首位は、Brocade Communications Systemsが維持した。58%の市場シェアを獲得し、売上高は前年比19%増の5億5100万ドルに達した。

 2位はMcDataで、売上高は同1%増の2億7900万ドル、市場シェアは29%。3位はInrange Technologiesで、売上高は同35%増加して5700万ドルとなった。

 「Inrageが前年と比べて大幅に成長した要因は、2002年に最も成長著しかったハイエンドの2Gビット製品に焦点を合わせたためだ」(Baranello)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社