お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ベイテック、メール対応を集中管理するメールコンタクトセンターシステム

2003/02/20 10:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベイテックシステムズ(原口 豊社長)は、メール対応を集中管理するメールコンタクトセンターシステム「BayContact」を3月1日に発売する。

 「BayContact」は、同社が独自開発したeCRMエンジン「BayMarketing」のインバウンド機能である「In-Bound Option」をバージョンアップし、パッケージ化したもの。問い合わせメールの自動振分け、自動応答機能、顧客情報やFAQを一元管理し、日本語eメール分析プログラムによる判別・処理機能を強化したインバウンドシステムを実現する。

 また、「モール型機能」を標準装備しているため、企業の部署ごとでのインバウンド対応や、拠点の分散したコンタクトセンター業務において、問い合わせメール件数当たりの対応時間を効率化し、経費削減を図ることができる。

 さらに、OLAP(On-Line Analytical Processing:オンライン分析処理)によるレスポンス分析機能として、(1)過去に受信したメール、(2)回答スループット別の分析、(3)オペレータ別稼働率、(4)コストパフォーマンス、(5)ROI分析──といった各種分析機能を標準装備しており、コンタクトセンターにおける作業効率と顧客対応サービスのクオリティ向上を強力に支援する。

 同システムを導入することで、多様化する顧客からの要望に迅速かつ滞りなく、低コストで対応することが可能となり、人件費を抑えながらオペレータのナレッジノウハウを維持できるとともに、顧客満足度の向上を図るための分析と顧客に応じたカスタマーサービス、およびCRMを同時に実現することが可能となる。

 価格は、基本ライセンス(2CPU)が750万円、追加1CPUライセンスが300万円。

ベイテックシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社