お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、オープンソースの「脅威」を認める

2003/02/06 15:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「市場でオープンソースが支持されれば、わが社の製品の業績に影響を与える。値下げに迫られ、売上高と営業利益がともに減少する可能性がある」。米Microsoftは米証券取引委員会に先週提出した書類の中でこう訴えた。

 Microsoftはソフトウェア開発のビジネスモデルについて、対照的な2つの方法を提示している。1つはMicrosoftが行っている商業ベースのソフトウェア開発で、企業が開発費用を負担する代わりに、そこから利益を得るというもの。そしてもう1つ、オープンソースのビジネスモデルについてはこう説明する。「世界的なプログラマーのコミュニティによってソフトウェアが開発される。成果物であるソフトウェアや知的財産は、わずかなライセンス料金もしくは無料でエンドユーザーに供与される」(Microsoft)

 同社は提出書類の中で、一部の政府機関がオープンソースに切り替える可能性を「脅威」と警告している。ドイツ政府は民間企業に融資して、Microsoftの電子メールソフトウェアOutlookや通信ソフトウェアExchangeに代わるソフトウェアの開発を支援しており、南アフリカもオープンソースのコンセプトを推進している。

 オープンソース化の流れで、Microsoftが受けているプレッシャーは経済的な面だけではない。Microsoftは現在、同社製品のコードを公開するよう迫られている。同社は、英国政府に本来極秘であるコードを公開することで合意している。

 なお、Microsoftは同社にとって脅威となるその他の問題として、同社の多くの新製品が利益を上げていない事実や、「経済全般と地政学的リスク」を挙げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社