お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Surface Dialは始まりにすぎない」--マイクロソフト幹部が語るSurfaceの展望 - (page 3)

2016/11/14 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3D、仮想現実、そして複合現実

 これらすべてのことは、Microsoftの大胆ではあるがつかみ所のないビジョン、つまりHoloLensなどの複合現実ヘッドセット、手ごろな価格の仮想現実(VR)ヘッドセット(一部のSurfaceハードウェアには搭載されていないグラフィックスプロセッサが必要)を含むビジョンとどうつながってくるのだろうか。自分にはその道が見える、とPanay氏は言う。

 筆者は、Panay氏がHoloLensとSurfaceが交わることを想像している複合現実について、そして、現在から複合現実の未来に到達するために必要な段階について知りたかった。同氏は、「私には、それがはっきりと見える。だが、それが何なのかは言えない」と笑いながら答えた。

 同氏によると、3Dのクリエイティブツールと手ごろな価格のVRヘッドセットは、やがて訪れるHoloLensのような端末の世界への足がかりだという。「現時点で重要なのは、人々をそうした世界に向けて踏み出させるようにすることだ。今すぐにプラットフォームを利用してもらい、今すぐにWindowsユーザーになってもらうことが重要なのだ」(同氏)

figure_3
提供:Sarah Tew/CNET

Surface Studioはそれにどう関わってくるのか

 Panay氏はインタビュー中、Surface Studioに関する質問の多くに具体的には答えなかったが、Surface StudioがSurfaceラインアップの中で新しいサイズであることを示唆した。

 Surface Studioは、人々にMicrosoftのツール群を使って3Dコンテンツを作成してもらうこと、そしてそれを今すぐに取りかかってもらうという目標に向けた、重要な鍵でもある。

 「われわれが今最善の努力を尽くしてやろうとしているのが、『Paint』と『Paint 3D』、そしてSurface Studioを今見ても(それらを組み合わせたデモを一度も披露していないにもかかわらず)、それらがどのように連携していくのか、そしてそれらがいかに素早く融合していくのかを想像できるようにすること。全力でこの取り組みを進めていくつもりだ」(同氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社