お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

5Gネットワークが一般化したら--可能になる用途を考える

2016/03/09 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なるほど、モバイル通信業界では誰もが5Gの話をしているらしい。では、筆者のような、そうでない人間が5Gに注目すべき理由は何か?

 5Gは、現在の無線技術に比べて100倍高速になることを目指しており、「Google Fiber」が固定回線で家庭に提供しているサービスよりも高速だ。5Gの驚くべき速度と即応性は新たな可能性を切り開く。その技術は、2月にスペインのバルセロナで開催された見本市「Mobile World Congress」に参加した人たちの間で大きな話題となっていた。

 Qualcommの半導体事業を率いるCristiano Amon氏は「5Gは、レベルを1つ引き上げる」と述べる。「『あらゆる種類のデバイスのユビキタスな接続』が実現するだろう」(Amon氏)

 5Gに関する騒ぎに心を奪われてはいけない。モバイルへの導入は、最も早くて2018年以降になりそうだ。より広範囲な提供はそれよりも数年後になる。

 しかし、だからといって、次に来るものを夢見ていけないことはない。5Gで可能になることをいくつか挙げてみる。

ゲームと新しい体験

 仮想ゲームを世界中の友達とプレイしたり、夢のようなビーチハウスを訪れたりすることを地階アパートの1室にいながら体験したいと思ったことはないだろうか。5Gなら、このようなコンテンツを仮想現実(VR)ヘッドセットに無線でストリームすることが可能だ。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は、VRが「5Gネットワークのキラーアプリ」の1つになってくれることを願っているとMWCで発言している。データが非常に高速で転送されるため、仮想体験がモバイルVRヘッドセットにロードされるまで長時間待つ必要がなくなる。

 遅延時間が少ないため、地球の裏側にいながら一緒にゲームをしている友達に遅れずについていくことが可能になる。

 「私の息子は、ライトセーバーを使った決闘をしたいと言っている」とサムスンで次世代ネットワーク事業を率いるWoojune Kim氏は述べる。

自動運転車

 5Gネットワークの反応速度は速いため、自動運転車の連携にも利用できるようになる。交差点で中央指令所と通信するにしても、車同士でやりとりするにしても、機能する。

 ネットワーク機器メーカーNokiaでイノベーションマーケティングを率いるVolker Held氏は、「信号のない道路を想像して欲しい。車が交差点を進んでも他の車とぶつかることはない」と述べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社