お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

GoProが将来に向けて明かした4つの施策--守勢に立つアクションカメラ企業の今後

2016/02/12 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんがもしアクションカメラを欲しくなったら、おそらく「GoPro」を買うだろう。およそ85%の購入希望者がそうしているのだから。そこで、仮に、誰もアクションカメラを買いたいと思わなくなったらどうなるか。これこそが、売り上げの急落をGoProが1月に明らかにしてから、投資家たちが心配し始めたことだ。GoProによると、同社の売り上げは前年の同時期に比べて31%減少しているという。

 現在、GoProは守勢に立たされており、最高経営責任者(CEO)のNick Woodman氏は、自社を弁護するため、GoProカメラの将来に期待できることを明らかにした。

 合わせて4つの特に興味深いことが分かっている。ここでそれらを紹介する。

1. GoProは4月、低価格の3モデルを販売終了する。

 GoProは現在、6種類の異なるカメラを販売している。これは少し整理されていない感があり、米CNETでアクションカメラを担当するJosh Goldman記者が、違いを説明するガイドを執筆する必要性を感じたのは、そのためだ。

 しかし、米国時間2月3日に開催された同社決算報告の電話会議で、Woodman氏は、カメラのラインアップを半分にし、低価格の「GoPro Hero」「Hero+」「Hero+ LCD」カメラの販売を4月で終了することを明らかにした。

 「消費者に選択肢をあまり多く提供すると、混乱させてしまい、何も購入しないという結果になる可能性がある」Woodman氏は説明する。

 この措置により、キューブ型の「GoPro Hero4 Session」は、同社のエントリレベルカメラとして200ドルで販売され、「Hero4 Silver」と「Hero4 Black」がそれに続く。奇妙なのはSessionをローエンドとして捉えているところだ。同カメラは当初、400ドルした。しかし、GoProは、同カメラの販売が思わしくないのを受けて、価格を半分にした。同社は、値下げ後に販売が3倍になり、累計で50万台以上出荷していると述べている。

2. 「GoPro Hero5」が年内に登場する。狙いは「接続性と利便性」にある。

 GoProが新しいカメラを毎年リリースしようとしていることは、超能力がなくても分かる。そのため、Hero5が登場予定だとしても驚くには値しない。しかし、GoProの次期主要カメラは、既存の製品とは少し異なるようだ。

 Woodman氏によると、Hero5は「当社がこれまで開発したGoProのなかで最も優れた接続性と利便性を備えている」という。

 そして、この「利便性」は、皆さんが考えるよりも重要だ。GoProの決算発表の電話会議で、ある金融アナリストから、アクションカメラ市場は縮小しているのかという質問があがった。Woodman氏は次のように回答している。

 「GoProはご存じの通り、コアな顧客の心を掴んでいる。これらの顧客は、ソリューションを非常に必要としていることから、コンテンツを手動で取り出す、アクセスする、編集するといった面倒な作業に進んで取り組んでくれる。しかし、われわれは自分たちのことを分かっており、マスマーケットの消費者にとっては使用感が難し過ぎることを認めたい」

難しい時期にあるGoPro
難しい時期にあるGoPro
提供:Joshua Goldman/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社