お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「無敵」ではなかったマイクロソフト

2003/01/06 11:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトが、ここ数年間で初めて弱みを見せている。

 IT不況や戦略の失敗、そして司法省との4年にわたる独禁法訴訟の結果、マイクロソフトのライバルや顧客たちは、長い間無敵と思われていたこのソフトウェア帝国に挑むチャンスが到来したことを感じている。

 CNET News.comはこの4部構成の特集で、マイクロソフト帝国を脅かすテクノロジームーブメントやライバル、そしてマイクロソフト自身の失策について考察する。

Editors: Mike Ricciuti, Mike Yamamoto, Lara Wright
Art: Ellen Ng
Production: Mike Markovich, Ben Helm

何年にもわたって軽視と弾圧を受けてきたオープンソースムーブメントが攻勢に転じ、マイクロソフトは「Windows領土の防衛」に必死になっている。

マイクロソフトは企業向けアプリケーションの市場に狙いを定めている。だがその前には、数々の企業向けソフトウェアの巨大企業が立ちふさがっている。

マクロソフトは、長年にわたって奮闘を続けてきた消費者向けのWebサービスを、赤字続きのインターネット接続とバンドルすることで、お金に換えようとしている。

.Netのキャンペーンで混乱が生じたときのように、マイクロソフトを悩ませる最悪の敵は、マイクロソフト自身になるかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社