お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

第2世代携帯電話は終わりの時代へ--ソフトバンクモバイル、新規契約受付を終了

2007/12/15 12:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは、第2世代(2G)携帯電話サービスの新規契約申し込みを2008年3月31日で終了すると発表した。2G携帯電話の加入者が減少している状況を受け、サービスの充実を図っている第3世代(3G)携帯電話サービスへの移行をすすめていく。

 2G携帯電話同士での機種変更や、故障修理、アフターサービスなどの2G携帯電話サービスは継続して提供する。また、これまで2G携帯電話で提供していたプリペイドサービスは、2008年2月より3G携帯電話で新たにサービスを始める予定。3Gプリペイドサービスの詳細は後日発表する。

 もともとソフトバンクモバイルの前身であるボーダフォンは、2006年時点で2G携帯電話の新規加入受け付けを2008年3月31日で終了する計画を持っていた。また、KDDIはツーカーのサービスを2008年3月31日で終了することを明らかにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社