お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

メルー・ネットワークス、802.11nを低コストでフル活用可能なシステム

2007/10/05 10:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルー・ネットワークス(末松秀明社長)は、無線規格802.11nの採用で発生するネットワーク負荷を軽減するシステム「3ティア・トラフィック・ディストリビューション・システム(3TDS)」を開発した。

 802.11n対応のアクセスポイント(AP)は、802.11a/b/gに比べ高スループットだが、無線コントローラとAP、有線スイッチインフラの性能に依存する傾向が強い。3TDSは、既存の有線イーサネット・スイッチ・バックボーンを高価なモデルに買い換えなくても、802.11nのフル機能を活用可能という。

 コントローラとAP間のデータトラフィックからコントロールトラフィックを分離させ、拡張性の高いデータ配信を可能にすると同時に、一元管理・コントロールが可能。

メルー・ネットワークス=http://www.merunetworks.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社