お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTドコモ、MIMO信号分離の低消費電力化高性能LSI試作に成功

2007/09/14 10:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月13日、独自の技術でMIMO多重信号の高性能な信号分離を行う、低消費電力のLSIの試作に成功したことを発表した。

 今回試作したLSIは、Super 3Gの高速信号伝送技術を端末搭載可能なレベルの消費電力で実装し、200Mbpsの伝送速度の信号分離を0.1ワット以下の低消費電力で高精度に処理できる。

 この試作は、4つのアンテナから送信された周波数帯域幅20MHzのOFDM信号の復調、およびMIMO信号分離処理を行う機能が実装されている。高性能、低消費電力化を実現するために、ドコモが第4世代移動通信システムに向けて開発した受信信号分離技術を採用。さらに、回路の冗長な部分を省く最適化を実施し、LSI化において65nmプロセスを適用した。

 今後ドコモは、今回試作したLSIに用いた技術をもとに、引き続きSuper 3Gおよび第4世代移動通信システムの研究開発を推進し、国際標準化にも積極的に協力していく予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社