お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル放送上にIPネットワーク環境を構築する技術--KDDIなどが開発

2006/11/21 15:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、エフエム東京、慶應義塾大学は11月20日、デジタル放送上にIPネットワーク環境を構築する技術「IP over デジタル放送」を開発し、この技術を利用した放送サービス実現の可能性について、共同で検討していくことで合意したと発表した。

 IP over デジタル放送は、デジタル放送の電波にIPデータをのせて配信する技術。これにより、ネット上のコンテンツを放送波経由で直接配信することができ、通信回線と組み合わせることでデジタル放送の即時同報性とネットの双方向性のメリットを活かした新しいサービスを提供できる。

 またIPとしての特性を活かし、多地点からのデータ送信やマルチキャストによるグループごとのコンテンツ配信、受信機につながるさまざまなネットワーク機器およびアプリケーションと連動したリッチメディアの提供など、幅広いサービスをユーザーとサービス提供者の双方に提供することが可能だ。

 慶應義塾大学は、IP over デジタル放送の実現に必要な基礎的な技術要素の研究や、開発段階で発生する技術的な問題への対応方法を検討するとともに、開発された技術の標準化を推進する。KDDIは、IP over デジタル放送の実現に向けた技術開発を継続し、この技術を利用したサービス、コンテンツを検討する。

 また、今後のオールIPネットワークとの接続・統合についても検討していく。エフエム東京は、IP技術とネットコンテンツを利用した新しい番組の制作を通じ、次世代の放送サービスの可能性を検討する。

 3法人は、IP over デジタル放送を応用したアプリケーションを開発している。そのうちのひとつである「ネットサーフィン同期型ディスクジョッキー」は、放送局のパーソナリティーが放送中に閲覧するウェブサイトをそのまま受信者と共有し、同時に閲覧することができるというアプリケーションだ。

 このアプリケーションを利用すれば、放送局のパーソナリティーが話題や曲の紹介にあわせてネットサーフィンした内容を、リアルタイムに受信者側のブラウザに表示させることができる。これによって、受信者にはDJや音楽にあわせて自動的に同期するネットコンテンツを見るという、これまでにない視聴スタイルを提供できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社