お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

J:COM、FMCサービスのトライアルを10月から開始--家庭用では日本初

2006/09/16 20:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュピターテレコム(J:COM)は9月15日、FMC(Fixed Mobile Convergence:固定電話と携帯電話の融合)サービスの商用化に向けたトライアルを開始すると発表した。9月から実験環境の構築に着手し、10月から実際にトライアルを実施する。トライアル期間は1〜1.5カ月程度の予定。

 FMCサービスは、無線LAN機能を内蔵する携帯電話やPHS端末に、家庭の固定電話の子機として発着信を可能とさせるもの。トライアルでは、Wi-Fi内蔵の高機能携帯電話/PHSを使用し、J:COM側に設置するサーバで呼制御を行うことにより、移動体通信事業者の種別に依存しないキャリアフリーのサービスを実現する。

 トライアル環境はJ:COM社内に構築し、米LongBoard製のIMSフレームワークに適合したFMC対応機能を持つSIPアプリケーションサーバを用い、LongBoardとその代理店であるコミューチュアと協力して検証を実施する。また、住商情報システムとともに将来の商用化実現を検討し、日本初となる家庭向けの本格的FMCサービスの早期商用化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社