お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトバンク、モバイルWiMAXの商用化に向けた実験用無線局の免許を申請

2006/07/21 15:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループは7月20日、高速な広帯域移動無線アクセス技術であるIEEE802.16e-2005(モバイルWiMAX)の商用化に向けた実証実験用無線局の免許を総務省に申請した。9月から2007年1月まで、東京都江戸川区葛西で、無線伝送特性の評価や周波数利用効率の検証などの実証実験を行う。

 同グループでは、2005年10月に第3世代移動通信システム(W-CDMA)、無線LAN、モバイルWiMAXの3種類のネットワークを利用した実験に成功し、2006年1月にはWiMAX推進準備室を設立、専任スタッフを集中的に投入することで、研究開発を推進している。

 今回の実験では、モトローラの協力のもと、2.5GHz帯域におけるモバイルWiMAXの電波伝搬特性や伝送速度、高速ハンドオーバー(基地局切り替え)技術を含む移動性などの性能評価を行う。基地局を5局設置し、合計13セクター構成の広いエリアでモバイルWiMAX対応携帯端末25台を使う点において、日本最大規模のモバイルWiMAXフィールド実験となるという。また、既存のW-CDMA基地局の局舎にモバイルWiMAX実験用基地局を併設することで、システムの設備投資効率に関する情報も取得するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社