お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ナビッピ、携帯とカーナビの連動で、地理に不案内な人でも配送業務を可能に

2006/05/25 10:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナビッピドットコム(ナビッピ、篠崎登社長)は5月24日、携帯電話やカー ナビゲーション(カーナビ)と連携した位置情報ASPサービス活用システム 「ケータイ&カーナビコントロールシステム」を7月に発売すると発表した。

 「ケータイ&カーナビコントロールシステム」は、Bluetoothを利用して携 帯電話とカーナビを連携させ、本部や営業所などの拠点と車両間で通信を確立 し、安全で効率の良い配送活動や営業活動を支援するシステム。

 たとえば、営業や配送を担当するドライバーが、Bluetoothに対応した携帯 電話を使って現在地情報を更新すると、自動的にカーナビと営業所の業務管理 画面の両方に最新の位置情報が表示される。拠点のパソコンから車両のカーナ ビに対し、目的地情報やメッセージを通知することもできる。さらに車両の位 置を検索したり、車両の走行情報(位置履歴)を取得、保持することが可能。

 同社では、このシステムにより、客先訪問指示や目的地情報などを見やすく 正確なカーナビ上の地図で指示することで、地理に不案内な高齢のドライバー や外国人労働者などでも、配送や運転が楽にこなせるようになるとしている。

 価格は、サービス基本料がPC1台につき月額5000円、携帯電話1台につき月額 500円−2500円で、カーナビ連携システムのカスタマイズ費用が120万円からの 予定。別途、カーナビや携帯電話などのハード購入費が必要。システムは納入 先の要望に合わせ、簡易帳票の入出力や位置情報の自動送受信機能など、基本 アプリをカスタマイズして提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社