お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

YOZANとソフィア総研、WiMAXサービスの普及に向け合弁設立

2006/04/17 21:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YOZANとソフィア総合研究所は4月17日、WiMAX方式の無線ブロードバンドサービスの普及に向けた合弁会社を、5月中旬に設立すると発表した。新会社は、WiMAXサービスのユーザー獲得やマーケティングといった業務を手がけるほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)を支援する「MVNE」事業を展開する。

 YOZANがWiMAX関連の各種インフラを提供する。ソフィア総研はユーザー向けのウェブサイト構築をはじめ、加入受け付け、課金、サーバ管理などの業務で協力する。資本金は1億円で、出資比率はYOZANが66.7%、ソフィア総研が33.3%。詳細は決定し次第明らかにするとしている。

 これによりYOZANは、WiMAXサービスのユーザー対応に関する業務を新会社に移管し、インフラの整備に注力。「いち早く国内におけるWiMAXサービスにおけるリーダーの位置を確保する」(同社)という。

 また、ソフィア総研では、新会社に自社製の電子決済システムを導入する。クレジットカード、コンビニエンスストア決済、Edyといった各種決済手段を提供し、ユーザーの利便性を向上させる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社