お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

JEITA、2月の移動電話出荷実績を発表--PHSの出荷台数は前年比2.7倍に

2006/04/12 21:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JEITA(社団法人 電子情報技術産業協会は4月12日、2006年2月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。発表によると、2006年2月の移動電話の出荷台数は502万4000台と500万台を突破し、前年比116%となった。2005年4月からの累計台数では4262万5000台になり、前年比106.5%となっている。

 携帯・自動車電話の出荷台数は486万7000台で前年比113.8%となり、6カ月連続で前年比プラスとなった。このうち3G端末は427万2000台で前年比166.5%で、3G端末数が初めて400万台を超えた。全体に占める比率も3カ月連続で80%を突破し、最高記録となった。これは、音楽再生機能やワンセグ対応など、機能を強化された新モデルの発売や、各種割引サービスの拡充などが原因としている。

 また、公衆用PHSは15万7000台と、前年比272.2%と大幅に増加した。2005年4月からの累計台数も、154万9000台で前年比261.3%と高水準で推移している。JEITAでは、音声用の新サービスなどが大幅増の原因とみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社