お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトバンクBB、事業再編へ--ADSL事業を分離

2005/10/14 17:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBBは10月14日、事業を再編し、ADSL事業を分離すると発表した。ADSL市場が飽和する中、経営資源をFTTH事業などの成長分野に振り向ける狙いだ。

 具体的には、まず12月1日付けでソフトバンクBBを「BBテクノロジー株式会社」という社名に変更する。BBテクノロジーはADSL事業を専門的に担当する。同時に、新たにFTTH事業やコンテンツサービス事業、パッケージの流通事業などを行う「ソフトバンクBB株式会社」を設立する。ただしどちらも代表には孫正義氏が就任し、ソフトバンクの100%子会社となる。

 さらにモデムレンタル事業を分割してBBモデムレンタル有限会社を設立し、12月中に有限会社ジェミニBBに売却する。ソフトバンクBBによれば、ジェミニBBは投資家グループによる企業で、モデムレンタル事業をソフトバンクグループから切り離して財務を改善するのが狙いとのことだ。なお、BBテクノロジーはBBモデムレンタルと業務委託契約を結び、モデムを借り入れる。

 ソフトバンクBBはADSLサービスの「Yahoo! BB ADSL」を2001年9月から提供しており、2005年7月末の接続回線数は493万件となっている。しかしADSLが普及してきたことやFTTHの価格下落により、一時期に比べて加入者数は伸び悩んでいる。一方、FTTHサービスの「Yahoo! BB 光」はADSLほどの低料金プランを打ち出せず苦戦している模様だ。

 ソフトバンクBBの社員数は現在約5500名となっており、ADSL事業を切り離すことで組織を小さくして事業の効率化とスピードアップを図る。社員数はBBテクノロジーが2000名、ソフトバンクBBが3500名となる予定だ。なお、現在提供しているサービスへの影響はないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社