お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モトローラやノーテル、メッシュネットワークの取り組みを強化

2004/11/17 18:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaは米国時間16日、モバイルブロードバンドと位置情報ネットワーク用の機器を提供するMeshNetworksを買収すると発表した。その一方でNortel Networksもメッシュネットワークに関連した発表を予定しており、メッシュネットワーク市場が盛り上がりを見せ始めている。

 MotorolaのライバルであるNortelは、中国の顧客に、メッシュネットワーク機器を納入したことを17日に発表する予定だ。

 メッシュネットワークとは、複数の無線デバイスが相互に接続して通信する分散型ネットワークのことを指す。ノード同士が相互に通信してトラフィックのルーティングを行うため、ネットワークを安く構築できるのが特徴だ。例えば、メッシュネットワークに接続されたWi-Fi対応のノートPCは、アクセスポイントを介さずに他の機器と直接通信できる。その結果、メッシュネットワークでは実装コストを削減できる。

 「この分野は盛り上がりを見せている」と、Nortel NetworksのゼネラルマネージャーMark Whittonは述べる。

 ネットワーク機器メーカー各社によると、住民がブロードバンドを利用できるようにしようとメッシュネットワーク機器を導入する自治体が増えているという。また、学生にブロードバンドや音声/動画サービスを提供するために機器を購入する大学も多いそうだ。

 メッシュネットワーク機器は、Wi-Fiか、各社独自の規格を用いて接続される。Wi-Fiとは、半径150フィート(約45m)までの通信を可能にする無線LANの標準規格である。MeshNetworksは、軍が開発したQDMA(quad-division multiple access)という無線技術を採用している。Motorolaは年内にMeshNetworksの買収が完了すると見込んでいる

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社