お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

パワードコムと東芝、東電がDVD-RAM保存可能な映像配信をFTTHで試験運用

2004/11/02 15:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パワードコムと東芝、東京電力の3社は11月2日、FTTHとDVDレコーダーを組み合わせた映像配信サービスひかりde DVDの試験運用を、12月1日〜2005年3月31日に行うと発表した。モニター数は1000人とし、11月2日よりウェブサイトで募集を始める。

 同サービスは、著作権保護技術を適用した映画やアニメなどの映像コンテンツをFTTH経由で配信する。コンテンツは、家庭に設置されたDVDレコーダーを使って、DVD-RAMディスクに保存できる。こうしたサービスの提供は、「世界初」(3社)という。DVDレコーダー標準搭載のDVD-VRフォーマットと、著作権保護技術CPRMを利用する。

 期間内のみ視聴可能なレンタル方式に加え、無期限に視聴可能なセル方式にも対応。レンタル方式は、貸し出し期間が24時間から168時間で、価格が210円から420円。セル方式は980円から3150円。また、対応DVDレコーダーの価格は7万3290円。

 同サービスにおいて、パワードコムは配信システム構築/ユーザー認証およびサポート/課金などの業務を、東芝は同サービス対応DVDレコーダーの供給/著作権保護システムの構築および運営を、東京電力はネットワーク(占有型FTTHサービスTEPCOひかり)の提供をそれぞれ担当する。

 試験運用中、コンテンツ企業19社が約300タイトルを提供する予定。参加コンテンツ企業は以下の通り。

  • アール・アンド・シー
  • アルク
  • インターチャネル
  • オンリー・ハーツ
  • 角川映画
  • ギャガ・コミュニケーションズ
  • グレートデン
  • ケービーエス京都プロジェクト
  • コアラブックス
  • 時蔵
  • タイトー
  • 2&4モータリング
  • ドキュメンタリージャパン
  • 日本ヘラルド映画
  • ハピネット
  • バンダイチャンネル
  • BBB
  • ポニーキャニオン
  • ワーナーエンターテイメントジャパン

パワードコムのプレスリリース
東芝
東京電力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社