お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯電話ユーザーの3割がキャリア乗り換え経験あり--インフォシーク調査

2004/07/30 17:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォシークは、15歳から59歳の男女を対象として、キャリア変更経験をテーマとした「第11回携帯電話コンテンツ/サービス利用者調査」をウェブ上で実施し、その結果を発表した。

 回答者数は2077人で、内訳は男性50.1%、女性49.9%。そのうち携帯電話利用者は86.7%の1800人だ。質問項目はキャリア変更経験について3点と、コンテンツ/サービス利用状況について3点の計6項目。

 携帯電話キャリア変更の経験があるユーザーは全体の3割にのぼり、このほかにキャリアを変更しようと思ったことのあるユーザーが1割。30代男性と20代女性に変更経験者が多く、それぞれ4割だった。

 変更経験者のうちドコモから他社に乗り換えたユーザーは約半数と特に多く、逆にauからの乗り換えは16.8%と少ないこと、ドコモやツーカーのユーザーは1999年以前に変更したキャリアで継続的に利用していることが多いが、auへの乗り換えの4割強が2002年以降に行われている傾向があるという結果が出ている。乗り換え理由としては、機能や料金プランの魅力、家族や友人の利用が多く挙げられている。

 キャリアに対するイメージは、ドコモには安定性や優れた技術というイメージが強く、auとボーダフォンに関しては料金の安さや親しみやすさが挙げられた。また、auはセンスのよさや企画開発力、ボーダフォンは国際性が特に高い評価を受けている。

 携帯電話によるコンテンツやサービスの利用状況調査では、ショッピング利用率が前月から大きく回復して4.3%となったほか、高額商品の利用も多く、平均購買金額が引き上げられた。有料コンテンツの利用状況も、ニュース・各種情報など機能が向上したサービスで利用者が増加。携帯電話端末機能の利用では、バーコード読み取りが第1回の調査以来最高の利用率となっている。

インフォシーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社