お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

パワードコムとフュージョンが電話事業を統合、電力系IP電話を相互接続

2004/06/30 16:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パワードコムとフュージョン・コミュニケーションズは、7月1日付けで両社の電話事業を統合し、パワードコムが提供している電話関連サービスをフュージョンに合併させる。これに伴い、電力系通信事業者各社のIP電話サービスを、フュージョンのIP電話プラットフォームを介して7月中旬から相互接続する。関係する11社が6月30日に明らかにしたもの。

 事業統合により、フュージョンのFUSION IP-Phoneと、パワードコムのPOINT PhoneおよびPOINT Phone selectの相互接続を7月1日に開始する。

 電力系通信事業者各社は、これまでパワードコム経由でIP電話サービスの相互接続を行っていた。パワードコムとフュージョンの電話事業統合を受け、以下の5社は7月中旬よりフュージョン経由の相互接続とする。

  • 東北インテリジェント通信(TOHKnet)
  • 中部テレコミュニケーション(CTC)
  • ケイ・オプティコム(K-OPT)
  • STNet
  • 九州通信ネットワーク(QTNet)

 この接続により、TOHKnet(トークIPフォン)、CTC(IP電話サービス)、K-OPT(eo-netフォンTELvision)、STNet(フォーユーコール)、エネルギア・コミュニケーションズ(MEGA EGG IPフォン、エネルギア・IPフォン)、QTNet(BBIQフォン)、パワードコム(POINT Phone、POINT Phone select)の各サービスと、フュージョンの提携プロバイダおよびケーブルテレビ事業者の各IP電話サービスのあいだで、無料通話が利用可能となる。その結果、IP電話サービスを提供する全国の電力系通信事業者6社と、POINT PhoneおよびFUSION IP-Phoneの相互接続が完了する。

 現在、北海道総合通信網(HOTnet)、北陸通信ネットワーク(HTNet)、沖縄通信ネットワーク(OTNet)の3社もIP電話サービスの提供を検討しており、電力系通信事業者各社による相互接続の拡大を目指す。

パワードコムのプレスリリース
フュージョン・コミュニケーションズ
北海道総合通信網
東北インテリジェント通信
北陸通信ネットワーク
中部テレコミュニケーション
ケイ・オプティコム
STNet
エネルギア・コミュニケーションズ
九州通信ネットワーク
沖縄通信ネットワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社