お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTドコモ、「F900iT」「N900iS」「P900iV」を発表

2004/06/01 14:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Update NTTドコモは6月1日、FOMA900iシリーズの最新版3機種を発表した。型番は「F900iT」「P900iV」「N900iS」。ボーナス商戦に向けた製品といい、早ければ6月中にも発売される予定だ。

 F900iTはタッチパネル液晶とBluetoothを搭載したモデルで、P900iVはヒンジの部分を回転させて動画を撮影できるムービースタイル型を採用している。いずれも900iシリーズの高機能機種という位置づけだ。N900iSはN900iと機能はほぼ変わらないが、受信メールを音声で読みあげる機能などが内蔵されている。

左から「P900iV」「N900iS」「F900iT」

 F900iTでは同梱されたスタイラスペンを使って画面にメモを書き込むことができ、イメージファイルとしてメールに添付することが可能。タッチパネルで端末の操作をすることもできるが、アプリケーションによってはボタン操作が必要なものもある。Bluetoothの利用想定としては、対応ヘッドセットを利用したハンズフリー通話や、PCと接続した高速データ通信などが挙げられている。

 そのほか、富士通製端末ではおなじみの有機ELサブディスプレイが採用されており、指紋認証機能もついている。

 P900iVの特徴は動画の画質が向上した点。P900iの約3倍となる320x240(QVGA)の画質で撮影が可能だ。同梱ケーブルを接続して、本体で撮影した動画や静止画をテレビに出力できる。また、miniSDメモリーカードに保存したテレビ番組等を端末で視聴することもできるという。

 ムービースタイルの形状にすると自動的にカメラモードに切り替わるようになっている。カメラは195万画素だ。

 N900iSはHTMLメールのデコメールテンプレートを20種類内蔵したほか、英和・和英・国語辞典機能を搭載した。しかし、機能面での大きな変更はない。

 2月のN900i発売からわずか数カ月後の新モデル投入は早すぎるようにも思えるが、「顧客のニーズ多様化に伴って、製品サイクルは早くなっている。NECの端末は特に人気があり、iSの投入を決めた」とNTTドコモ iモード企画部の増田智子氏は説明する。なお、今後NEC製以外の900iS端末が発売される予定はないという。

 販売価格は未定だが、「N900iSは900iシリーズの新発売時と同程度」(増田氏)といい、3万円前後になると見られる。F900iTとP900iVについては「機能が追加されている分だけやや高くなる」(増田氏)と説明するにとどめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社