お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT Com、3種類の専用系ネットワークを融合した「ギガストリーム」を提供

2004/05/27 09:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、顧客のニーズに合わせて、3種類の専用系ネットワークを柔軟に組み合わた企業向けネットワークサービス「ギガストリーム」を6月1日から開始する。

 新サービスでは、従来の広帯域バックボーンサービス「ギガウェイ」、イーサネット専用サービス「Etherアークストリーム」、高速イーサネットアクセス回線サービス「ブロードバンドアクセス」を融合化して、顧客の要望に最適な組み合わせで提供する。

 いずれも専用系サービスであるため、通信機器や伝送路を共用するIPネットワークと比較して、ルータ、スイッチが少ない単純な網構成で、品質、信頼性、セキュリティに優れているのが特徴。高品質で高い信頼性の通信回線を必要とする顧客に適応できる。

 「ギガストリーム」のうち、帯域完全保証型サービスを「タイプG(Guarantee)」、優先制御技術を用いて柔軟な帯域設定を行うものを「タイプF(Flex)」として提供する。これまでNTT Com拠点ビル間の中継サービスとして提供してきた「フレックスギガウェイ」を「タイプF」に名称変更するほか、「タイプG」については、接続タイプにSTMやEthernetを揃え、0.5Mb/s−10Gb/sと低速から高速、広帯域まで幅広くサポートする。

 また、「ギガストリーム」の提供にともない、「Etherアークストリーム」として提供していた従来サービスに比べ最大35%の料金値下げを行うとともに、従来の「フレックスギガウェイ」にはなかった低速品目も追加する。これにより、信頼性の高いサービスが、より低コストで利用できるようになる。

 なお、同社では、「ギガストリーム」以外に、

  1. ATMメガリンクサービス
  2. ディジタル専用サービス(HSD)
  3. ディジタルリーチサービス(DR)
  4. アナログ専用サービス

――などの専用系サービスを提供しているが、今回のサービス開始を機に、専用系サービスの販売窓口を統合し、サービスの導入検討や比較、問い合わせなどをより手軽にできる体制を整える方針。

NTTコミュニケーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社