お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯キャリアなど6社、企業向けモバイル普及の団体設立へ

2004/03/17 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンなどの携帯電話キャリアやシステムインテグレータ(SI)など6社は3月16日、モバイル端末を組み合わせた企業向けシステムの普及を進める国際的な業界団体「The Mobile Enterprise Alliance(MEA)」の日本組織となる「MEA Japan」の設立準備委員会を立ち上げた。

 「MEA Japan」は、国内のハード、ソフト、モバイルキャリア、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)、SI(システムインテグレータ)などIT企業70社の参加を目標に、9月末までに正式発足する。

 準備委員会に参画したIT企業は、ボーダフォン、シトリックス、日本通信、ネットワールド、住商エレクトロニクス、兼松コミュニケーションの6社。

 この日の発足式で挨拶したシトリックス・ジャパンの田中正次社長は「企業IT環境でのモバイルニーズは高まる一方で、大変有望な市場だ。だが、異機種間のパフォーマンステストやセキュリティ、通信コストなど、相対的にソリューションを提供するベンダーが少ない。これらを補完する団体がなかった」と、企業のモバイル環境をインテグレーションするIT企業に対し、機器の検証情報やソリューション事例などを情報発信するという。

 「MEA Japan」準備委員会の活動内容としては、

  1. ベンダー企業各社の製品や技術を会員企業がそれぞれのソリューションと組み合わせて使える環境を整える

  2. 会員企業が協力して、技術員セミナーや検討会を実施する

  3. 技術検証やシステム評価、テスト、認定

 ――などを予定している。「MEA Japan」設立準備委員会の問い合わせはMEAJapan@citryx.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社