お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ACCESS、中国の携帯電話端末にNetFrontやメッセージングソフトを提供

2003/09/22 19:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは9月22日、中国の携帯電話端末にウェブブラウザ「NetFront 3.0」とマルチメディア・メッセージングソフトの提供を行ったと発表した。

 今回ソフトの提供を行ったのは、中国第2位の携帯端末メーカーのTCL Mobile Communication製CDMA 1X携帯電話「TCL1888+」。BREWプラットフォーム向けマルチメディア・メッセージングソフトを搭載し、中国の無線通信事業者であるチャイナ・ユニコムのマルチメディアメールサービス「U-Mail」の仕様に準拠している。この製品は2003年度第4四半期に発売される予定だ。

 また、カメラ付きCDMA携帯電話「TCL1699」には、NetFront 3.0とマルチメディア・メッセージングソフトの両方を搭載。WAP2.0に準拠したことで、インターネット上のリッチコンテンツにアクセスが可能となる。こちらの製品は、2004年度第1四半期に発売される。

 TCL Mobile Communication社のDai Jinは、「ACCESSのワイヤレスデータサービス技術は業界でも屈指だ。同社の経験と実績で証明された技術と当社の端末との融合は、当社のコア・コンピタンスをより一層充実させ、携帯電話市場における当社のマーケットシェアの向上に貢献することと確信している」とコメントしている。

ACCESSのリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社