お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニフティ、法人向けテレビ会議サービス「EyeballMeeting」を開始

2003/09/02 16:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティとプロハウスは9月2日、法人向けテレビ会議サービス「EyeballMeeting(アイボールミーティング)」を同日から開始すると発表した。利用料金は月額固定で、6000円(3アカウント/月)から。初期費用は不要。

 中小企業や企業の部門間などを対象に、最大30人までが参加できるテレビ会議の環境を提供する。プロハウスが開発を行い、ニフティが同社の法人向けサービス「アット・ニフティ法人サービス」で運営する。テレビ会議用の特別なクライアントソフトの導入やサーバマシンの設置が不要なため、従来のテレビ会議サービスと比べて低価格だという。

 光ファイバ、ADSL、CATVなどの回線か、社内LANに接続したWindowsマシンから利用できる。IE5.0以降のブラウザと、ウェブカメラが必要。

 EyeballMeetingの利用対象者は@nifty会員と@nifty ID登録ユーザー。外部の人に会議に参加してもらう場合は「ゲストID」を利用できる。ゲストIDは、指定時間の会議にのみ参加できるアカウント。メンバーのIDを貸し出すのと異なり、アカウントとパスワードの管理が容易になるという。

 EyeballMeetingでは、PtoP接続とクライアントサーバー接続の切り替えが可能。映像と音声の通信に向いたPtoP形式と、比較的安定した接続が行えるクライアントサーバー形式のいずれかを、テレビ会議ごとに選択できる。

 またMicrosoft PowerPointで作成したファイルを会議出席者が共有し、リアルタイムに書き込み、描画する機能を備える。このほかテキストチャット、インスタットメッセージといった機能もある。

ニフティのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社