お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

JEITA、「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン制定

2003/08/07 10:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子情報技術産業協会(JEITA) パーソナルコンピュータ事業委員会(篠崎雅継委員長=日立製作所ユビキタスプラットフォームグループCOO)は8月6日、監督官庁である経済産業省と相談し、「無線LANのセキュリティ」に関するガイドラインを作成したことを発表した。

 今回のガイドラインは、無線LANの利用者が増加する一方で、セキュリティ機能の設定を行わないまま使用するために、「通信の内容を見られてしまった」、「自分のパソコンに他人が侵入してしまった」などのトラブルが発生する可能性が高まっていることを受けて制定するもの。

 パソコンメーカーおよびネットワーク機器メーカーを通じて、パソコン利用者に「無線LANのセキュリティ」への注意を喚起するとともに、その重要性を再確認し、速やかにセキュリティ対策を講じてもらうことが狙い。

 JEITAでは、ガイドラインを同協会のWebサイトで公表すると同時に、関連メーカーに対して、ガイドラインに即して利用者へ注意を喚起するよう要請している。また、同協会に非加盟のパソコンメーカーにも同様の対応をするように要請するほか、プロバイダおよび販売店の関連業界団体にも協力を要請する予定。

 なお、今後、マニュアルの改善やセキュリティを簡単に設定できるよう改善するなど、引き続きセキュリティ対策の向上について業界で検討していく方針。

電子情報技術産業協会(JEITA)
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社