お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT-ME、IEEE802.11g準拠の無線LAN製品を8月より販売開始

2003/07/24 14:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT-MEは7月23日、IEEE802.11gに準拠した無線LANアクセスポイント「MN-WAP54g」と、無線LANカード「MN-WLC54g」を、8月8日より販売すると発表した。

 MN-WAP54gとMN-WLC54gは、最大54Mbpsの速度で無線LAN通信が行える。セキュリティ確保のために、IEEE802.1x(EAP-TLS)や、WEP(Wired Equivalent Privacy)の64/128/152ビットの暗号鍵長に対応するほか、無線ステルス(SSID非通知/ANY接続拒否)やMACアドレスフィルタリングなどの機能を備える。IEEE802.11b準拠の機器が混在する環境でも利用可能。

 また、電波状況に応じてアクセスポイントを自動的に切り替えるローミング機能を搭載し、複数台のアクセスポイント間の通信が行える。

 価格はMN-WAP54gが1万9800円、MN-WLC54gが9800円。カードとアクセスポイントのセット価格は2万8800円。MN-WAP54gにはLANケーブルと専用ACアダプタが、MN-WLC54gにはドライバやマニュアルなどを収録したCD-ROMが付属する。

NTT-MEのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社