お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米AT&Tワイヤレス、2004年末の3Gサービス始動に向け機材を発注

2003/07/24 11:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイヤレス通信会社の米AT&T Wirelessは、米国内での第3世代(3G)携帯電話ネットワークのサービス開始に関して、同社に出資しているNTTドコモが指定した期限に間に合わせるため、必要な機材を発注したと発表した。

 AT&T Wirelessは23日(米国時間)、スウェーデンのEricssonや加Nortel Networksからベースステーションなどの3Gネットワーク機器を購入していると述べた。このベースステーションは、Universal Mobile Telecommunications Service(UMTS)という新たに登場した携帯電話ネットワーク標準をベースとしている。UMTSはW-CDMA(Wideband Code Division Multiple Access:広帯域時分割多元接続)という名でも知られている。

 購入契約の金銭的条件は公表されていない。

「われわれはこの契約によって、期限と予算に関するNTTドコモの要求に応えることができる」とAT&T Wireless副社長のEric Updykeは語った。

 同社は、2004年12月31日の期限までに、米国の4都市で高速3G商用サービスを開始すると約束している。この期限を守らない場合、同社に出資しているNTTドコモに、同社への投資額約62億ドルを返却しなければならなくなる。

 3Gは標準化団体により、携帯電話による384Kbpsインターネットアクセスを提供するものと定義されている。これは現行のAT&T Wirelessのネットワークより約10倍高速だ。

 3Gネットワークでは携帯電話の通信許容量が3倍となり、ますます増加する通話時間に対応できるようになることから、世界中の携帯電話サービスプロバイダ各社は3Gネットワークの構築を行なっている。プロバイダ各社は、ダウンロード可能なビデオや仮想プライベートネットワーク(VPN)などの新サービスを提供し、構築コストを回収しようと計画している。

 AT&T Wirelessの広報担当、Ritch Blasiによると、同社は最初の商用UMTSサービス提供都市として、これまでにシアトルとサンフランシスコを選んだという。残る2都市については、同社が現在UMTS実験を行なっているサンディエゴとダラスが候補に挙がっている、とBlasiは述べた。

なお日本のNTTドコモ本社からは、 すぐにはコメントが得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社