お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

凸版印刷が12月にもRFIDの量産を開始、2005年度100億円の売上を見込む

2003/07/08 16:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は7月8日、シンガポールの半導体受託メーカーChartered Semiconductor Manufacturingに、無線ICタグ(RFID)の生産を委託すると発表した。また同RFIDの製造管理、組み立て、品質保証はマクニカにアウトソーシングする。

 凸版印刷の計画では、2003年12月には量産を開始し、RFID事業でのチップ製造から販売までの体制を整備するという。設計、開発、製造企画、物流、サポートはマクニカが行う。「これにより当社は、RFIDの供給だけでなく、ターンキーサービスを組み合わせ、周辺システムのサービスやソリューションまで一貫して顧客に提供するビジネスモデルを構築する」(凸版印刷)。

 当初国内向けに出荷し、順次海外への展開を始める予定。2005年度の売上高は100億円を見込む。

 量産するRFIDは、凸版印刷とテレミディックが開発したT-Junction(仮称)。800MHz〜950MHzと2.45GHzの2つの周波数帯に対応する。オンチップアンテナを搭載するのため、チップ製造やパッケージの簡素化が可能で、従来品より小型かつ低価格で市場に提供できるという。なおT-Junctionは、RFID関連の国内業界団体であるユビキタスIDセンターから標準IDチップとして認定を受けている。

 T-Junctionのそのほかの主な仕様は以下の通り。

  • 方式:無電池方式(電池方式も実現可能)
  • 変調方式:ASK変調(スキャナー→チップ)、FSK変調(チップ→スキャナー)
  • アンテナ接続方式:オンチップ、ブースター、外部の3方式
  • メモリ:1024ビットEEPROM(ユーザー領域は896ビット)
  • アンチコリジョン:読み出し/書き込みとも50pcs/秒(予定)
  • サイズ:1.0×1.0×0.15mm(予定)

凸版印刷
Chartered Semiconductor Manufacturing
マクニカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社