お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTドコモ、テレビ電話機能付き携帯F2102Vを発表

2003/06/30 16:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとグループ8社は、テレビ電話機能付き携帯電話機F2102Vの販売を7月3日より全国で開始する。NTTドコモが6月30日に明らかにしたもの。価格はオープン価格とする。

 F2102VはFOMA対応の新型端末。連続待受時間は約310時間(移動時は約240時間)あり、FOMA対応端末のなかで最長という。有効画素数33万画素と11万画素のカメラ2台を搭載し、3倍デジタルズーム、5枚の連続撮影、最大90秒の動画撮影機能を備える。筐体の内側と外側の両方にワンタッチライトを持つ。

 miniSDメモリカードに対応し、撮影した動画や静止画の保存/バックアップが可能。さらにminiSDアダプタを使うと、SDメモリカード対応機とのデータ交換が行える。パソコンと接続可能なクレードルを用意しており、充電しながら撮影画像やスケジュールなどをパソコンに転送できる。

 また公開鍵方式を使用するモバイル認証サービス、FirstPass(SSLクライアント認証機能)に対応し、データ通信の安全性を向上させたという。

 音質面では、「従来の音声コーディックAMRに加え、音響コーディックAACを追加することにより、動画撮影時(iモーション)の音質向上を実現した」(NTTドコモ)。また「デュアルサウンドスピーカーを搭載し、ハンズフリーでのテレビ電話や、iモーションをよりクリアな音質で楽しめる」(同社)としている。

FOMA F2102V <シルバー>

 そのほかの主な仕様は以下の通り。

  • サイズ(折りたたみ時):
    101(高さ)×50(幅)×26mm(厚さ)、約108cc(容積)
  • 質量:
    約115g
  • 連続通話時間:
    約130分(音声)、約90分(テレビ電話)
  • 画面:
    約2.2インチ半透過TFT液晶6万5536色(メイン)、約1.1インチSTNモノクロ液晶(背面)
  • 静止画撮影サイズ:
    VGA(640×480)、CIF(352×288)、QCIF(176×144)、Sub−QCIF(128×96)、72×72(電話帳)
  • 色:
    ブラック、シルバー、レッド

NTTドコモのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社