お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT西日本、「フレッツ・ADSL モア24」に対応した端末機器の販売開始

2003/06/18 19:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は、「フレッツ・ADSL モア24」に対応した「ADSLモデム-MS III」、ADSLモデム内蔵ブロードバンドルータ「Web Caster 620M」、ADSLモデム内蔵ワイヤレスブロードバンドルータ「Web Caster FT6200Mワイヤレスセット」及びISPが提供するIP電話サービスに対応したADSLモデム内蔵ルータ「ADSLモデム-SV」の販売を7月下旬から開始すると発表した。

 それぞれ「フレッツ・ADSL モア24」に対応で、下り最大概ね24Mbpsの高速インターネット接続が可能。また、4ポートスイッチングハブを搭載しており、複数のパソコンから同時に高速インターネットアクセスが可能。スイッチングハブ機能により、パソコン間の大容量データの送受信の効率化も実現。さらに最大5ヵ所の複数接続先を設定できるほか、3つの接続先への同時接続を可能にするマルチセッションや、Windows Messenger等のアプリケーションを簡単に利用できるU PnP(Universal Plug and Play)、複数固定IPアドレスにも対応している。

 販売価格は、ADSLモデム-MS IIIが9800円、 Web Caster 620Mが1万5800円、本体(アクセスポイント)1台と子機(ステーションカード)1枚で構成される Web Caster FT6200M ワイヤレスセットが3万6800円、ADSLモデム-SVが1万7800円、増設用カード子機(ステ−ションカード)が9800円(すべて税別)。

NTT西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社