お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インフィニオンとメタリンク、150MbpsのVDSL技術「VDSLPlus」を開発中

2003/06/13 15:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独Infineon TechnologiesとイスラエルのMetalinkは、両社が標準VDSL技術の5番目の帯域(バンド)を使用可能にする新技術「VDSLPlus」を開発中であると発表した。両社がそれぞれ現地時間の6月11日に明らかにしたもの。

 VDSLPlusは、VDSL回線の伝送距離延長と、シングルペア銅線上で帯域幅を拡大するための、拡張版QAM方式VDSL技術。標準のツイストペア銅線上で高速データ伝送を達成するため、12MHzより高い周波数帯域を利用する。

 この技術により、サービスプロバイダは同じラインカードとCPE(顧客構内装置)設計を利用して様々なDSLサービスが提供可能になる。具体的には、400m以上の距離で最大150Mbpsのデータ伝送が可能な短距離アプリケーションや、4kmの距離で4Mbps以上ののデータ伝送が可能な長距離アプリケーションが提供できるという。

 VDSLPlusは、バンド割当プラン998、997、中国の電気通信標準化機構CTSI(Chinese Telecommunication Standard Institute)が定義したバンド割当プランなどの、VDSL標準に対応する。またナローバンドサービスやPOTS、EuroISDN、TCM-ISDN、ADSLといった他のDSL方式ともスペクトル互換性を持つほか、Ethernet over VDSLとATM over VDSLの両方をサポートする。

 MetallinkとInfineon Technologiesは今後、様々な標準化団体においてVDSLPlusの標準化を推進していくという。「他のQAM方式PHYやシステム関連の企業と協力を推し進め、技術の相互運用性を高めていく」(両社)

インフィニオンテクノロジーズジャパンに掲載のプレスリリース
Infineon Technologies
Metalink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社