お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDIとNHK、地上デジタル放送とインターネットを連携した携帯端末を共同開発

2003/05/20 12:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは5月19日、子会社のKDDI研究所とNHK放送技術研究所が共同で、地上デジタル放送の番組とインターネットの情報を同時に視聴できる携帯端末を開発したと発表した。

 今年12月に一部地域で開始される地上デジタル放送では、徒歩や車による移動時に携帯端末でデータ放送を受信できるサービスが行われる予定である。同携帯端末は、このサービスと携帯電話のインターネットサービスを組み合わせ、通信と放送連携の新しいサービスを模索するものとなる。

 同携帯端末はPDA程度の小型軽量サイズで、持ち運びが可能なボックス型。地上デジタル放送で受信した放送コンテンツと、インターネット通信によるコンテンツを画面に同時表示する機能や、放送コンテンツからインターネットに接続する機能などを備える。

 この携帯端末とサーバを活用することで、「放送番組に連携した通信サービスや、番組の補足情報をインターネット経由で提供するサービスなどをテストできる」(KDDI)という。今後は、NHK放送技術研究所とのフィールド実験を通じて、各種連携サービスの検証を行なう。

 なお、同携帯端末は5月22〜25日まで、NHK放送技術研究所で一般公開される。

KDDIのプレスリリース
KDDI研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社