お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTグループの3カ年経営計画、「"光"新世代を開拓」

2003/04/23 16:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTグループは4月23日、「NTTグループ3カ年経営計画(2003〜2005年度)」を発表した。それによると、「新たなビジネスモデルの創造を通じて“光”新世代を開拓する」という。

 主な事業の計画/方針は以下の通り。

  • リアルタイムな双方向映像通信手段を使った総合サービスの展開を推進する。2005年春を目途に、主に企業向けのサービスを大都市圏から開始し、順次サービス・エリアを拡大する。
  • グループ内のIP系リソースを集中し、中小企業/SOHO/コミュニティを主なターゲットとするネットワークサービス、アプリケーション、端末系サービスなど、パッケージ商品の開発体制を強化する。
  • 高速で安定性に優れた光アクセスサービスをブロードバンドアクセスの中心とし、販売拡大に注力する。
    ADSLサービスについては、
    1. 競争対抗
    2. 多様なユーザーニーズへの対応
    3. 潜在的光アクセスユーザーの掘り起こし
    という観点から、引き続き商品力を強化する。
  • 第3世代(3G)携帯電話網、FOMAについては、地下やビル内も含めた提供エリアの拡大、端末の機能向上などを推進する。
  • 無線LANアクセスサービスについては、引き続きグループ各社が需要開拓に取り組むとともに、ローミングなどユーザーの利便性向上を図る。
  • ベストエフォート型のIP電話サービスについては、ADSLサービスなどの付加的な位置付けとし、他事業者との競争やユーザーニーズに対応する。光アクセスの本格的拡大と、同グループが提唱する"レゾナントコミュニケーションネットワーク”の構築に合わせ、高品質で多彩な付加機能を持つIP電話サービスへの移行を推進する。

 また同グループ傘下のNTTコミュニケーションズでは、IPおよびデータ通信事業においてアジアを重点エリアとし、取り組みを強化する。また、同社が2002年に買収した米Verioのホスティングサービスなどを活用しつつ、戦略的パートナーとの提携によるグローバルIPソリューションを推進するという。

 NTTドコモは、欧米に加えアジアでもiモードおよび3Gサービスの展開を進めるとしている。 なお財務面では、2005年度に連結ベースの営業利益1兆6000億円を目指すという。

NTTグループのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社