お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTドコモとビザ、iモード携帯によるクレジット決済実験

2003/04/08 16:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビザ・インターナショナル(Visa)、日本信販、イオンクレジットサービス(イオンクレジット)、オーエムシーカード(OMC)、NTTドコモの5社は、NTTドコモのiモード対応携帯電話機、504iおよび504iSシリーズの赤外線通信機能を使い、クレジットカード決済の商用化実験を行うことで合意したと、4月7日発表した。2003年6月に実験を開始し、2004年春にはほかのカード会社も含めた完全商用化を予定している。

 この実験では、504i/504iSシリーズの携帯電話機に標準搭載されている赤外線通信機能とiアプリを使用するため、新たな機能を追加する必要がないという。通信には、Visa近接通信支払用金融情報仕様に準拠したプロトコルを使う。

 実験の参加者は、クレジットカードのデータを携帯電話機にダウンロードし、店頭でiアプリを起動/操作することで決済が行える。

 商業化実験は2段階に分けて行う。2003年6月からの第1段階では、Visaと日本信販が両社カード会員からモニター3000名を選び、加盟店に対応機器を約500台配布して東京で実験を行う。第2段階は2003年秋からとし、イオンクレジットとOMCが実験に加わるほか、広く利用者を募り、より実際の商用サービスに近い形態で運用するという。

NTTドコモのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社