お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT Comと米iPass、無線LANの国際ローミングサービスで提携

2003/03/28 16:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3月27日、米iPassと提携し、公衆無線LANサービス「ホットスポット」の国際ローミングを提供することで合意に達したと発表した。

 これにより、NTT Comのユーザーは現在ホットスポットで利用しているIDとパスワードを使って、海外の空港やホテルなどで公衆無線LANサービスを利用できるようになる。サービスの開始は4月下旬を予定する。iPassは世界6カ国の665カ所で公衆無線LANサービスを提供している。

 またNTT Comは同日、JR東日本および日本テレコムと共同で、「無線による、駅でのインターネット接続実験」のローミング共同実験を始めることも明らかにした。

 首都圏を中心とする12駅約30カ所で、無線LANによるインターネット接続の実験を行う。実施期間は3月31日から8月31日までを予定する。

NTTコミュニケーションズのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社