お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニー、松下など5社、ネットワークテレビの技術仕様を検討

2003/03/28 11:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープ、ソニー、東芝、日立製作所、松下電器産業の5社は3月27日、「デジタルテレビ情報化研究会」を4月14日に設立すると発表した。テレビを使ったネットワークサービスについて、技術仕様などを検討する。

 5社は、「放送のデジタル化と通信のブロードバンド化の急速に進んでいることから、家庭内で馴染み深いテレビを使ったネットワークサービスが求められている」と説明する。「本研究会では、デジタルテレビをインターネットからの情報収集にも使うことのできる生活情報ツールとするために必要な事項について論議する」(5社)

 活動内容は主に、技術仕様の検討と普及促進活動の2つ。前者では、通信仕様やブラウザ仕様の研究と、仕様やコンテンツ制作ガイドラインの策定を目指す。後者では、デジタルテレビを利用した通信サービスの普及促進を検討し、具体的な活動を実施する。

 同研究会では、10月をめどに技術仕様をとりまとめる予定。なお現在、三洋電機、日本ビクター、パイオニア、三菱電機が研究会への参加を表明しているという。

シャープのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社