お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

のぞみ停車駅で公衆無線LANの試験サービス

2003/02/25 10:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東海とNTT-MEは2月24日、東海道新幹線のぞみ停車駅で公衆無線LANインターネット接続の試験サービスを4月中旬から開始すると発表した。

 サービスの提供エリアはのぞみ停車駅のホーム待合室や新幹線ホール内など。全アクセスポイントで、品質・利便性・サービスの国際基準を満たしていることを示すWi-Fi Allianceの認定ロゴ「Wi-Fi ZONE」を提示する。

 試験サービスに参加するISPは、WAKWAK、BIGLOBE、b-mobile、DTI、DION、JENS SpinNet、ODN、Panasonic hi-ho、VECCEED。各ISPのユーザーは、現在利用しているログインID、パスワードをそのまま利用できる。

 同試験サービスは7月中旬までは無料で、それ以降2004年3月末までは有料となる。無料提供期間は複数のISPによるローミングの運用面における技術検証を実施する。有料提供期間は公衆無線LANインターネット接続の商用化に向けたマーケティングデータの取得や課金・決済システムの技術・運用面の検証を行う。

NTT-MEのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社