お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニーとエリクソンが合弁会社へ385億円の増資

2003/01/30 10:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとスウェーデンのEricssonは1月29日、両社の合弁会社Sony Ericsson Mobile Communications, AB(SEMC)に対し、3億ユーロ(385億684万円)の追加増資を実施すると発表した。2003年1〜3月期にそれぞれ1億5000万ユーロ(約192億5300万円)を資金提供し、引き続きSEMCを支援する。「SEMCの財務体質の強化と事業拡大の支援が目的」(両社)。

 同日発表されたSEMCの2002年10〜12月期決算は、売上高が前年同期比18%増、前期比42%増の12億3500万ユーロ(約1585億300万円)となった。純損失は前年同期より7000万ユーロ(89億8400万円)改善し、6900万ユーロ(88億5560万円)となった。2002年10〜12月期における出荷台数は前年同期比4%増、前期比42%増の710万台となった。

 SEMCは2001年10月にソニーとEricssonが設立した携帯電話端末事業の合弁会社。SEMCの業績は、50%の持分法で両社それぞれの業績に連結される。

ソニーのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社