お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

GOL、フュージョンへ営業譲渡

2003/01/28 19:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクソダス コミュニケーションズ(本社:東京都新宿区)のISP事業であるグローバル オンライン ジャパン(GOL)がフュージョン・コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区)に2月1日付けで営業譲渡される。フュージョン・コミュニケーションズとエクソダス コミュニケーションズが1月28日に明らかにしたもの。

 フュージョンは、GOL事業の営業用資産、営業に必要な権利、契約関係のすべて、そしてGOL事業の人材を基本的にすべて譲り受ける。

 GOLは、現在の事業・営業体制のまま、フュージョン・コミュニケーションズの100%子会社であるフュージョン・ ネットワークサービスに引き継がれる。今後は引き続きGOLブランドでISP事業を継続していくという。フュージョンでは、GOLのISPサービスをADSLやFTTHといった常時接続サービスに対応させていくという計画を立てている。

 なおエクソダス コミュニケーションズの親会社であった米Exodus Communicationsは2001年9月に破産している。その後、英Cable & Wireless(C & W)が,Exodus社の資産を買収した。これに伴いエクソダス コミュニケーションズはCable & Wirelessの傘下に入った。

グローバル オンライン ジャパンのプレスリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社