お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

イー・アクセスがIPv6の実験サービス開始

2003/01/22 10:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは1月21日、提携ISPと共同で「IPv6」の実証実験サービスを開始すると発表した。イー・アクセスのADSLユーザーを対象に、日本テレコムのODN、KDDIのDIONなどの各ISPでモニターを募集する。

 このうち、ODNは2月1日から募集を始める。サービス期間は2月1日〜8月31日。募集人数は100人。DIONについては準備が整い次第募集を開始するとしている。

 今回の実験サービスはデュアルスタック型のサービスとなる。デュアルスタックとは同一ネット上でIPv4とIPv6の両方のパケットを共存させる技術。IPv4を使う従来のネットワークとIPv6ネットワークを1本の回線で利用できる。なおIPv6の接続形態にはこのほか、IPv6パケットをIPv4パケットにカプセル化して伝送するトンネル方式とIPv6専用のネイティブ方式がある。前者はカプセル化機能を持つトンネル・サーバーが必要。後者ではIPv4用とIPv6用でそれぞれのアクセス回線が必要となるが、デュアルスタックではそうした手間はいらない。

 なお、今回の実験サービスでは、日立製作所のブロードバンドアクセスサーバー「AG8100-B」を採用する。同機のもつデュアルスタック機能と、IPv6アドレスの自動割当て機能により、容易にIPv4/IPv6双方のサービスを利用できるという。

イー・アクセスのプレスリリース
日立製作所のプレスリリース
ODNの募集案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社