お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

auの携帯メールシステム、日本HPの無停止型超並列サーバーを採用

2003/01/07 18:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2003年1月6日、au(KDDIと沖縄セルラー電話)の第3世代携帯電話サービス向けメールシステムに、同社の無停止型超並列サーバーを納入したと発表した。ハードウェアの提供のほか、ソフトウェアの調達、システム構築なども一括して手がけ、同日より本番稼働したという。

 日本HPが納入したのは「hp NonStop Server S74000」。60CPU構成のシステムで「国内最大級」(日本HP)という。また、これに合わせ日本HPの提供するメールサーバー・ソフトウェア「NSIM(米国名はOMNI Messaging)」も新規採用した。

 システムは、auのCDMA2000方式第3世代携帯電話向けサービス「@メールサービス」に利用する。同サービスの高速大容量のデータ送受信を無停止で支えるという。

 日本HPによると、auは同システムを第一期のシステムとして位置づけている。今後の加入者増大に合わせ、CPUを追加していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社