お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルeスポーツを展開するワンダーリーグ、D2C Rなどから9000万円の資金調達

2016/03/23 16:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワンダーリーグは3月23日、日本アジア投資、D2C R、ベルロックメディアを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額9000万円を調達したと発表した。またD2C Rとベルロックメディアとは、資本・業務提携契約も締結したとしている。

  • 「ワンダーリーグ」

 同社はスマートフォン向けに、賞金イベント連動型ゲーム競技プラットフォーム「ワンダーリーグ」を展開している。今回の資金調達ならびに提携の狙いは「ワンダーリーグのさらなる飛躍を目指すため、またゲーム実況分野、広告ビジネス分野、海外進出分野とそれぞれの企業様と連携し、モバイルeスポーツの市場拡大に努めるため」(ワンダーリーグ代表取締役社長の北村勝利氏)としている。

 これまでの運営を通じ、ゲームに対するユーザーのニーズに応えるため、やりこみ系ゲームやメジャーゲームでのeスポーツ体験を提供することを目的として、調達資金は有名IPを冠したモバイルeスポーツ用のゲームを開発する予定という。

 また、ベルロックメディアは吉本興行グループで動画配信サービス「ジョーキー」を運営する会社であり、イベント実況企画を検討中。またD2C Rとの提携により広告ビジネスの強化をはかるとともに、日本アジア投資からは投資のみならず、同社の持つネットワークを通じてアジア進出を見据えた連携も進めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社