お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

B Dash Camp

VRに沸くゲーム業界、日米の差--Enhance Games水口哲也氏の“肌感覚”

2016/03/18 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「2016年に『VR(バーチャルリアリティ)』が来るか来ないかと話されているが、少なくとも(VR)ゲームはすぐそこまで来ている。2016年はVR元年として、参入するタイミングだ」。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は3月16日、「PlayStation 4(PS4)」用VRデバイス「PlayStation VR(PS VR)」の価格が税別4万4980円に決定したと発表した。発売時期は2016年10月。

 3月3、4日に開かれた招待制イベント「B Dash Camp 2016 Spring in Fukuoka」ではVRに関するセッションがあり、モバイル向けゲーム開発などを手がけるモブキャストの代表取締役社長CEOである藪考樹氏、米Enhance GamesのFounder/CEOでゲームクリエイターである水口哲也氏が登壇。藪氏がモデレーターとなり、PS VRを1つのきっかけとして広がるであろうVRビジネスの可能性を探った。

モデレーターを務めたモブキャストの藪考樹氏
モデレーターを務めたモブキャストの藪考樹氏

VR市場のこれから

 藪氏が紹介した米Tracticaの市場予測データによれば、拡張現実(AR)を含まないVR市場の規模は、2020年までに約2兆7000億円にまで成長するとされている。そのうち、ハードウェアやアクセサリを除いた「コンテンツ」の規模は約1兆7000億円で、さらに「ゲーム」に絞ると約6400億円規模になるという。


2020年の「VR」市場予測(データ出典:Tractica)
2025年のVR/AR市場の内訳予測(データ出典:Goldman Sachs)
2025年のVR/AR市場の内訳予測(データ出典:Goldman Sachs)

 また、米Goldman Sachsの予測では、VRとARをあわせた市場の2025年の規模は3兆円を超え、特にゲーム市場が大きくなる見通し。水口氏は「10年後には、VRによる没入型から、ARによるソーシャル的なコンテンツまでが一般的になっている」と予測する。

 水口氏がゲーム以外で注目するのが、音楽やスポーツのライブイベントに関連するものだ。技術が進歩すれば、イベントの“VR中継”などが始まる可能性も考えられる。技術面は「医療など高い解像度を要する領域がけん引していくことになる」と水口氏。これまでの開発経験を踏まえ、「感覚的に言うが、(VRのディスプレーの)解像度は、片目8Kがひとつの臨界点。それが10年以内に起こる」と見ている。

Enhance Gamesの水口哲也氏
Enhance Gamesの水口哲也氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社