お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フジテレビ、ゲーム事業を統括するフジゲームスを設立--Fuji&gumi Gamesを子会社化

2016/03/15 16:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジ・メディア・ホールディングスならびにフジテレビジョンは3月15日、グループのゲーム事業を統括する新会社「株式会社フジゲームス」を4月1日付けで設立すると発表した。

 これまでゲーム事業においては、フジテレビのゲーム&インキュベーション事業部ならびに、フジ・スタートアップ・ベンチャーズとgumiとの合弁で設立されたFuji&gumi Gamesを中心に展開。フジテレビのゲーム&インキュベーション事業部では、スマートフォン向けゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」やPC向けオンラインゲーム「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁」「テルマエ・ロマエ ガチャ」など、Fuji&gumi Gamesのスマートフォン向けゲーム事業では、「ファントム オブ キル」や「誰ガ為のアルケミスト」などをリリースし、好調に推移しているという。

 今後も市場規模の拡大が期待される一方で、競争の激化、コンテンツのリッチ化による開発費の増加などが想定されることから、急激な市場環境の変化に即した意思決定やクリエイターの採用、第三者との提携や投資などを柔軟かつ機動的に行う体制を構築する必要があると判断したため、ゲーム事業を統括する新会社を設立するに至ったとしている。

 フジゲームスは簡易新設分割によるフジテレビ100%子会社として設立。その後、フジテレビが保有するフジゲームス株式を、2016年5月予定でフジ・メディア・ホールディングスが取得する。また、フジ・スタートアップ・ベンチャーズが保有するFuji&gumi Gamesの全株式はフジゲームスが取得し子会社化する。

新会社設立に関する概要図
新会社設立に関する概要図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社