お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iPhone」ロック解除を求める理由は「ハリポタ」ネタ?--米検察が「潜伏中のサイバー病原体」の脅威を主張

2016/03/07 10:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleはなぜ、米連邦捜査局(FBI)との対立の渦中で大きな争点になっている「iPhone」のロックを解除すべきなのか。カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡の地方検事が裁判所に提出した書類によると、このiPhoneは「潜伏中のサイバー病原体」を抱えている可能性があるという。

 そう聞くといかにも恐ろしい響きだが、潜伏中のサイバー病原体とは具体的に何だろうか?

 コンピュータ科学と情報セキュリティに詳しいiPhoneの科学捜査専門家Jonathan Zdziarski氏も、一般の人々と同じくらい当惑した。Zdziarski氏によると、このフレーズはコンピュータ科学には存在しないという。そこで同氏は答えを探すことにした。

 Zdziarski氏は米国時間3月3日、見つけたのは「『ハリー・ポッター』のフィクションと思われるもの」だとブログ投稿で報告した。同氏が調査を進めたところ、「Cyber Pathogen」(サイバー病原体)を名乗り「グリフィンドール組のデミゴッド(半神)」と自己紹介する二次創作ファンのプロフィールに行き当たったという。

 郡地方検事のMichael Ramos氏は裁判所への提出書類の中で、潜伏中のサイバー病原体が、サンバーナーディーノ郡のコンピュータネットワークに攻撃を仕掛ける武器になり得ると述べている。

 これは、サンバーナーディーノで2015年12月に発生した銃乱射事件で容疑者の1人が使用していた「iPhone 5c」をめぐり、AppleとFBIが繰り広げている対立の最新の展開にすぎない。この事件では14人が死亡し、約20人が負傷した。

 AppleがFBIの求めに応じるべきかを判断する法廷での審問は、3月22日にカリフォルニア州リバーサイドの連邦裁判所で予定されている。

FBI対Appleの争いには、ハリー・ポッター・ファンのフィクションまでが登場したようだ。
FBI対Appleの争いには、ハリー・ポッター・ファンのフィクションまでが登場したようだ。
提供:13/PeopleImages.com/Ocean/Corbis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社